プロフィール


 廣田 彩花(ひろた・さやか、Sayaka Hirota、1994年8月1日生まれ )は、日本の女子バドミントン選手です。

 熊本県玉名郡和水町(旧・菊水町)出身。和水町立菊水中学校→玉名女子高等学校卒業。


 廣田彩花選手は、和水町の竃門に生まれ、町立菊水西小学校及び町立菊水中学校を卒業した生粋の和水っ子です。

 バドミントンは幼いころに家族の影響で始め、両親が監督・コーチを務めていた「菊水ジュニア」に所属。2人の兄達とともに昼夜を問わずシャトルを追いかける毎日を過ごしていました。

 中学校卒業後は、地元の名門玉名女子高等学校に進学し、幾度も全国大会に出場。特に高校2年生時に行われた全日本ジュニア選手権大会では、女子ダブルスに出場し準優勝を成し遂げ、一躍全国区の選手となりました。

 高校卒業後は、地元の実業団に所属し、1学年上の福島由紀選手とペアを組み始め、厳しい練習に耐えながら着々と力をつけていきました。 2015年に移籍してからは、数々の国内大会・国際大会で優勝するなど輝かしい活躍を見せています。特に2017年の活躍はめざましく、「世界選手権大会準優勝」、「全日本総合選手権大会優勝」などの栄光をつかみました。

2018年5月からは「岐阜トリッキーパンダース」に移籍し、2020年東京オリンピックへ向けて毎日の練習に励んでいます。2018年6月21日付の世界ランキングでは見事1位となり、東京オリンピックへの出場及びメダル獲得への期待がますます高まっているところです。

 

戦歴



2018.12.06付

女子ダブルス   世界ランキング1位

 

2018年

ユーバー杯(世界国別対抗戦)      

金メダル🥇

第24回世界バトミントン選手権大会    

銀メダル🥈

アジア競技大会バトミントン競技     

団体金メダル🥇

個人銅メダル🥉

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン

金メダル🥇

第72回全日本総合バトミントン選手権大会

金メダル🥇  


2017年

第23回世界バトミントン選手権大会 

銀メダル🥈

第71回全日本総合バトミントン選手権大会

金メダル🥇